家族相談士とは

家族相談士は「家族カウンセリング」という専門技術を持った家族問題の専門家です。国家資格ではありませんが、日本家族心理学会と日本家族カウンセリング協会 によって資格が認定されています。

家族といえども、家族の中で様々な問題が起こるということがあります。家族だからこそ、問題の解決が難しいということもあり、問題に対するカウンセリングや心理的なサポートが必要であるケースは少なくありません。家族相談士に求められるのは、そうしたケースの中で良好で健康的な家族関係を作るために、家族関係を調節したり、そのためのサポートや助言をすることにあります。

家族の問題は家族の中だけのこととして内側にばかり目が向きやすいものですが、家族関係というのは、実は家庭の中だけのものではなく、学校や職場、地域など社会と様々な点でかかわりを持っています。家族相談士の役割は、家族の問題を家庭の中の問題としてだけ見るのではなく、社会的な問題として捉えて、家族を取り巻く社会環境にも配慮した上で健全な家族関係を構築するサポートをするところにあります。

狭い視点で捉えがちな家族問題を、社会との関わりの中で捉えて、家族の間で起こる様々な葛藤や問題に対して心理的フォローをすることが家族相談士に求められています。

また、個人が抱えている問題の裏に、家族の問題が隠れていないかということを見つけ出しサポートをすることも家族相談士にとって大切な仕事です。家族というのは、個人を構成する大切な社会の一つであり、個人が抱えている問題の根底には家族問題があるというケースも少なくはありません。そうした問題を見つけ出し、家族関係を健全なものにするようにサポートすることで、個々の問題を解決できる場合もあります。

家族という社会は、誰でも必ず持っている社会であり、そのため家族相談士が活躍する分野は多岐に及んでいます。教育、福祉、医療の現場などでも家族相談士は活躍をしています。

  • 「カウンセリングなび!アナタの悩みをお聞かせください」はカウンセリングをしてくれるカウンセラーを探す事ができます。
  • サイトマップ