交流分析士とは

交流分析士と言われてどんな職業の人かを知っているという人は、おそらく少ないのではないでしょうか。交流分析士とは「交流分析」という心理療法を習得し、交流分析士の資格を取得していう人のことを指します。国家資格ではありませんが、交流分析という専門技術を取得している人としてNPO法人日本交流分析協会と日本交流分析学会 がそれぞれ認定をしています。

交流分析と言われてもピンとこない人は多いと思いますので、どのような仕事をする人なのかについて簡単にご紹介をします。

交流分析とは、行動パターンから人間を理解していこうというもので、アメリカの精神科医のエリック・バーンが創始した心理療法です。独自の人格理論によって、人の行動の中に現れる、心の動き、働きなどを理解し、そこからクライアントの対人関係のパターンを読み取ったり、人間関係を分析します。それによって、人間関係の向上を図るというのが基本的な考え方となります。

行動分析ということで応用の幅は広く、教育や企業、家庭の中でも活用することができます。

複雑な人間関係をパターンに当てはめて分かりやすく分析する方法で、カウンセリングの手法の一つとしても活かされています。

カウンセラーとして働くために必要な資格というのは一つには限定されませんので、様々な資格をもってカウンセラーとして仕事をしている人がいるのですが、交流分析士というのもそのうちの一つなのです。

他の資格と合わせて交流分析士の資格を持っているという人も少なくありません。

  • 「カウンセリングなび!アナタの悩みをお聞かせください」はカウンセリングをしてくれるカウンセラーを探す事ができます。
  • サイトマップ