キャリア・カウンセラーとは

キャリア・カンセラーは心理カウンセリングの技術を使って、個人の能力を個人にとって望ましい形で活かしていくため、主に職業選択のサポートなどを行うカウンセラーのことです。カウンセリングというと、心の問題や心の病に関するものをイメージする人も多いと思うのですが、そんなカウンセリングの中では自己実現をサポートするためのカウンセリングを行う役割を担っている、少し特殊なカウンセラーの仕事ということができます。

仕事を選択する時、または仕事を続けていく中で、自分がその仕事に向いているのか、あるいはもっと別に向いている仕事があるのか、今の仕事の中で自分は正当に評価を受けているのかなど、仕事の適正や将来設計になどについての悩みを抱える人は多くいます。キャリア・カウンセラーの役割は、こうした悩みについて話を聞き、解決へ導くサポートをすることです。ただの職業相談とは異なり、希望を聞いて選択肢を示すということだけがキャリア・カウンセラーの仕事ではなく、クライアント自身が、自分自身を向き合って、答えを導き出せるようにサポートをすることが重要な役割です。キャリアカウンセリングを通して、自分の人生の価値観や人生観を見つめなおし、人生設計をどうしていきたいのかということをクライアント自身に再発見させることに、キャリア・カウンセラーがカウンセリングを行う意味があります。

キャリア・カウンセラーは、教育の現場でも必要とされる人材で、学校での進路指導などに携わることもあります。学校、企業、人材紹介、派遣会社の他、ハローワークのような行政機関でもキャリア・カウンセラーが活躍しています。

カウンセリングの知識や技術の他に、人生設計に関わるサポートを行うことから、保険や年金などについての知識なども必要となり、専門性の高い仕事です。

  • 「カウンセリングなび!アナタの悩みをお聞かせください」はカウンセリングをしてくれるカウンセラーを探す事ができます。
  • サイトマップ