音楽療法士とは

音楽療法士とは、「音楽療法」の専門的な技術と知識を持つ専門家のことです。国家資格ではありませんが、日本音楽療法学会によって認定されています。

音楽療法士の資格は、資格が誕生してからの年数もまだ浅く、音楽療法そのものの認知度も高くありません。そのため、現在はボランティアとして活動をしている人も多く、職業としてはまだまだこれからという職業ではありますが、音楽によってセラピーやリハビリをサポートすることの成果は徐々に認められており、今後の普及が注目されている仕事です。

音楽療法というのが、そもそもどんなものかというと、音楽の持つ生理的、あるいは心理的な効果を利用してクライアントとコミュニケーションを取り、セラピーを行うというのが音楽療法の手法です。音楽を利用することで乳幼児から高齢者、障害者であってもコニュニケーションを取ることができる点が音楽療法の優れた点です。

また、歌を歌ったり、楽器を演奏するということを体験させることで、音楽そのものをリハビリの一つとして活用することも音楽療法の特徴です。そのコミュニケーションやリハビリのために音楽に参加してもらえるよう促すのが音楽療法士の大切な役割の一つとなっています。

音楽を体験することを通して、運動機能の回復を促したり、社会適応能力の向上を促すなど、音楽を通したセラピーを行う専門家が音楽療法士です。音楽に関する知識や技術と、セラピーの知識や技術の双方が必要になることから専門性の高い仕事です。

海外では音楽療法が積極的に取り入れられている国もありますが、日本ではまだまだ活躍の場は狭く福祉関係施設などが中心になっています。これから先、多くの医療機関や老人介護の現場でも音楽療法が認知され活躍の場が広がっていくことが期待されています。

  • 「カウンセリングなび!アナタの悩みをお聞かせください」はカウンセリングをしてくれるカウンセラーを探す事ができます。
  • サイトマップ