臨床心理士とは

カウンセラーとして仕事をするために資格の取得を目指すならば、その選択肢の一つとしてあげられるが臨床心理士という資格です。カウンセラーには、カウンセラーという名前の資格はありません。カウンセラーとは心理的なことがらを取り扱う仕事についている人の総称で、カウンセラーの中にも様々な専門の人や様々な資格を持っている人がいるのですが、その中の一つが臨床心理士であると考えてください。

臨床心理士の資格は、財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する資格です。 国家資格でこそありませんが、心理系の資格の中では一番認知度も高く、カウンセラーになりたいならば臨床心理士の資格を取得するのが一番の近道ともいわれています。

臨床心理士は、例えば医師免許や弁護士免許のように資格を持っていなくてはその業界で仕事をすることができないというようなものではありませんので、必ず資格を持っていなくては心理関係の仕事に携われないというものではないのですが、臨床心理士という資格の認知度の高さもあって、資格なしに仕事につくということは現在では難しくなっているといっていいと思います。

臨床心理士の資格は臨床心理士指定の大学院の修士課程を修了することで受験資格を得ることができ、そこから試験に合格して取得できるため、資格の取得までには様々な専門知識を勉強し身に着けることになります。

臨床心理士の仕事は大きく分けて3つあります。

まずは臨床心理アセスメントといわれるものです。クライアントの話をじっくりと聞き、クライアントが心に抱えており問題を把握することが臨床心理アセスメントです。心理テストなども行いながら、問題を明確にし問題解決のためのサポートをしていきます。

次に臨床心理面接があります。これは、心のケアをしていくというプロセスです。クライアントとの信頼関係が大切ですが、様々な臨床心理学技法を用いて、心のケアに取り組みます。臨床心理士が一方的にアドバイスをするという方法ではなく、クライアント自身が問題解決方法を見つけられるようにサポートをしながら問題解決を目指します。

最後が、臨床心理的地域援助です。クライアントの力だけでは問題の解決が難しい場合には、クライアントの許可を得た上で、クライアントが所属しているコミュニティへ働きかけることも行います。学校や職場、家族などと連携して問題の解決を図ることも臨床心理士の重要な役割です。

ここまで見て、みなさんがもっていたカウンセラーの仕事のイメージというのが臨床心理士の仕事に近いということを感じた方は多いのではないでしょうか。臨床心理士=カウンセラーということではないのですが、教育の場や福祉の場、公の場などでも臨床心理士の多くがカウンセラーとして活躍をしています。

  • 「カウンセリングなび!アナタの悩みをお聞かせください」はカウンセリングをしてくれるカウンセラーを探す事ができます。
  • サイトマップ