産業カウンセラーとは

産業カンセラーとは、働く人が抱える様々な問題に対してカウンセリングを行う専門家です。国家資格ではありませんが、日本産業カウンセラー協会によって資格が認定されています。

働く人が抱えているメンタル的な問題というのは様々なものがあります。うつ病による休職者の増加など、仕事をする上でメンタル的な問題を抱えてしまう人の数は年々上昇しているという現代社会の現状もあります。仕事をしていく中でメンタル的な問題を抱えてしまった人は、問題をどこにも相談できずに孤立してしまうケースも少なくありません。

そこで、働く人たちが抱えている様々な問題に対して心理的なサポートを行い、健全に仕事ができる環境を取り戻すためのサポートやメンタルケアを行うのが産業カウンセラーの役割です。

カウンセラーとして仕事をするためには、カウンセラーという名前の国家資格などは存在しておらず、カウンセラーに関わる民間の資格としうのは数多く存在していますが、その中でも産業カウンセラーは近年関心の高い資格の一つということができるのではないでしょうか。

産業カウンセラーの資格への関心の高まりは、仕事をしていく中で心の病気にかかったり、メンタル的な問題を抱えてしまう人の多さに比例しているもののように思います。社会の中で仕事を続けていくことでメンタル的にバランスを崩してしまう人が多く、急速に需要も高まっている産業カウンセラーですので、社会の中で担っている役割というのは大きいといえるでしょう。

仕事を持っている全ての人がメンタル的な問題を解消し、健康で仕事を続けることができるように、助言を与えたり、様々なサポートをするのが産業カウンセラーの仕事です。企業に所属をしていることもあれば、公共団体や福祉施設に所属をしている場合もあります。

  • 「カウンセリングなび!アナタの悩みをお聞かせください」はカウンセリングをしてくれるカウンセラーを探す事ができます。
  • サイトマップ