精神保健福祉士とは

精神保健福祉士は、1997年に設置された国家資格です。

精神保健福祉士は、精神科ソーシャルワーカーとも言われており、精神的な問題を抱えている人の生活の問題に対してサポートを行ったり、社会復帰をするための援助を行うのが仕事です。現代社会はストレス社会であり、精神や心に問題を抱えてしまうという人の数は多く、社会的に担っている役割は大きいといえます。

精神保健福祉士は、クライアントに対してカウンセリングを行い、クライアントが現在抱えている問題を正確に把握した上で様々なサポートを行うことが重要な役割です。クライアントがどんな問題を抱えて、どんなサポートを必要としているのか、またそのサポートを行うことができるのはどこなのかということを判断し、必要な機関との連携をはかるのが重要な仕事です。

医療機関や、さまざまな生活支援施設、福祉や行政との連携し、クライアントがどんな制度を利用できるのか、どんなサポートを受けられるのかを総合的にコーディネートするのが精神保健福祉士の仕事です。社会福祉士の業務と混同して考えられやすいのですが、社会的な問題を抱える人に対して幅広くサポートを行うのが社会福祉士なのに対し、精神保健福祉士は、精神や心に問題を抱えている人に絞った支援を行うことからより専門性が高いのが精神保健福祉士であるといえます。

様々な機関と連携したり、様々な制度を利用してクライアントにとって何が一番に利益になるのか、また社会復帰のための近道になるのかということをコーディネートしていく立場にあるのが精神保健福祉士ですので、幅広い専門知識が必要になるほか、クライアントが何を求めているのかなどを正確に把握するためにもカウンセリングの技術も必要であり、専門性が高い仕事ということができます。

資格を取得すれば心のケアを行う現場では、直接的にクライアントのメンタルケアを行うカウンセラーとは、また違った角度から、心に問題を抱える人のサポートをする仕事に携わることができます。

資格は国家資格でもあり、医療機関や公共機関など活躍の場も広いのが特徴です。

  • 「カウンセリングなび!アナタの悩みをお聞かせください」はカウンセリングをしてくれるカウンセラーを探す事ができます。
  • サイトマップ