精神対話士とは

精神対話士とは、メンタルケアの専門家ですが、特徴的なのがメンタルケアを訪問して行うところにあります。訪問介護というのは一般的なサービスと認知されているものだと思いますが、心の毛門ケアというのは初めて聞くという人も多いのではないでしょうか。精神対話士は国家資格ではなく、財団法人メンタルケア協会が認定している資格で、財団法人メンタルケア協会からの依頼を受けて訪問メンタルケアの活動をするのが精神対話しです。

核家族化や高齢化など、社会の中では家族関係や人間関係が希薄になっていくという現象が起こっています。人間関係の希薄化にともなう孤独感や寂しさが心も問題に繋がっているという考えに基づき、これらの寂しさや孤独感に専門的に対処できる人材を育成することを目的に作られたのが精神対話士です。クライアントの寂しさや孤独感に寄り添うことができる専門的な知識や技術をもち、カウンセリングを通じて心のケアを行うことが精神対話士に求められる役割なのです。

人間関係の希薄さやその寂しさ、孤独感などを背景とする心の問題を抱えている人はたくさんいます。そいしたクライアントに共感し、対話を通して生きる希望や勇気を与えていくことができるのが精神対話士です。訪問という方法をとることで、高齢者や引きこもりのクライアント、または病気のクライアントでもサポートを行いやすいという特徴もあります。クライアントが一番落ち着ける場所まで出向いてケアを行うことで、効果的なカウンセリングが行えるのです。

社会の中で孤立してしまったり、様々な事情から孤独感を抱えてしまっている人、それを原因に心の問題を抱えている人はたくさんいます。そうした人達のもとに出向いて、カウンセリングを通してメンタルケアを行うのが精神対話士の仕事です。

現代社会の中で需要を増加している仕事でもあり、様々な問題を抱える人たちから求められている職業でもあります。

  • 「カウンセリングなび!アナタの悩みをお聞かせください」はカウンセリングをしてくれるカウンセラーを探す事ができます。
  • サイトマップ