心理相談員とは

心理相談員は、企業と契約をしている医師の指示に従ってカウンセリングを行うカウンセラーのことで、中央労働災害防止協会が資格を認定しています。

心理相談員は職場でのメンタルヘルス対策に必要な基礎知識や、健康づくりについての知識を実につけた専門家としての役割を担っています。

現代は、生活や食生活の変化などにより、成人病を患っている患者数が増加したていたり、ストレスにより心身の健康を損なう人の数も年々増加しています。こうした状況に対応するために、厚生労働省が推進しているのが、トータル・ヘルス・プロモーション・プランと呼ばれる、心と体の健康づくり運動なのです。

労働者は自ら努力をして健康であるように努めるとともに、事業者は労働者の健康管理を行うことが必要であるとされており、事業者によるメンタルヘルスケアの重要性が厚生労働省によって示されたことになります。

そこで、その役割を担うこととなったのが心理相談員なのです。

労働者の身体的健康と、ストレスに配慮しメンタルヘルスケアの指導を行うこと、またストレスケアへのサポートをしたり、リラクゼーションの指導を行うことも心理相談員の役割の一つです。職場環境を良好にし、心身ともに健全に労働できる環境を整えることもまた心理相談員の仕事の一つといえます。

心理相談員は、労働者の心身の健康のため、なかでも心の健康のためにストレスのケアなどを行うことが最も大切な仕事であり、そのために医師の指示に従って様々な活動をしていくことになります。

  • 「カウンセリングなび!アナタの悩みをお聞かせください」はカウンセリングをしてくれるカウンセラーを探す事ができます。
  • サイトマップ